生理前の頭痛に効く天然成分

生理前の頭痛に優しく効いてくる4つの天然ハーブ

ホワイトウィロー(White Willow)

別名:セイヨウシロヤナギ。中央アジア・南ヨーロッパ、北米に広く分布する落葉高木。
樹皮に含まれている機能成分サリシンは、アスピリンと同じ働きを持っており、解熱作用、発熱時の筋肉・関節の痛みを抑える鎮痛作用があります。

 

フィーバーフュー(Fever Few)

別名:ナツシロギク。ヨーロッパからアジア、アメリカに分布していて、古代ギリシャ時代の頃より、偏頭痛や生理痛などの激しい痛みを和らげる目的で利用されてきました。
血流の不良による偏頭痛に効果があるとされています。リウマチ、関節炎などの緩和にも利用されています。

 

ジャーマンカモミール(German Chamomile)

別名:カミツレ。心身をリラックスさせるとともに消炎作用を発揮するため、ストレスによる胃炎・胃潰瘍や不眠、女性特有の冷え性や生理痛などの症状改善に利用されます。

 

レモンバーム(Lemon Barm)

別名:セイヨウヤマハッカ。地中海地方原産の植物で草丈30〜90cm程度に成長する多年草です。
鎮痛・鎮静、抗炎症・抗菌・抗ウイルス・抗真菌、強心・血圧降下・消化促進の作用があるとされています。

page top