生理周期の頭痛を抑える3つの方法

生理周期の度に起こる頭痛には、以下のような3つの予防法がライオン株式会社の資料で公開されていますので、紹介したいと思います。

 

寝不足、寝過ぎに注意!

女性寝ぼける

仕事のストレスや疲れが頭痛の原因となることもあります。
常日頃から十分な睡眠時間を摂って、疲れを溜め込まないようにすることが大切です。
ただし、休日だからといって寝すぎてしまうと、緊張が緩みすぎて頭の血管が広がり、逆に頭痛を起こしやすくなります。
休日であったとしても、いつもより1時間多く眠るぐらいに抑えるか同じペースで起床するようにしましょう。

 

外出時は人混みや強い光を避ける

女性疲れ

女性は、空腹を覚えたり、工事や交通による騒音、街中の汚れた空気、好ましくない匂い、空気の乾燥など、外出先のさまざまな要因で自律神経が刺激されることで頭痛が起こることがあります。
また、直射日光などの強い光も頭痛の原因となりますので、外出時はサングラスをかけるなどの対策をとりたいですね。

 

 

熱いお風呂やサウナを避ける

女性入浴

入浴やサウナで身体が温まりすぎると血管が拡張するため、頭痛が起こりやすくなります。
頭痛が起こりそうだと感じたら、なるべく熱いお風呂やサウナは避けるようにして、シャワーを浴びる程度で済ませたほうが良いですね。

page top