生理前の頭痛に効く健康成分

生理前の頭痛に優しく効いてくる3つの健康成分

ビタミンB2

ビタミンB2の化学名は、リボフラビンと言います。
ビタミンB2は酸化還元反応を促進する酵素を補う酵素として、脂質や蛋白質、糖質の代謝に関わっています。
女性の一日摂取目安量は1.2mg、男性は1.6mgとされています。
ビタミンB2が欠乏すると、口角炎や口唇炎、口内炎になりやすくなります。メジャーなお薬もありますね。
主に、大豆、魚・肉類から摂取できる成分です。

 

酸化マグネシウム

マグネシウムは身体の神経伝達で、筋肉収縮という信号が届き過ぎないように調節してくれる成分です。
筋肉が収縮し過ぎないで弛緩するにはマグネシウムが必要なのです。
マグネシウム不足だと、子宮筋層は緊張状態になります。
月経時に片頭痛が激しい人はマグネシウム補充が必須なんです。

 

大豆イソフラボン

大豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモン「エストロゲン」に似た化学構造を持っています。
つまり、エストロゲンと同じような働きをするので生理前の頭痛を和らげる作用が期待できます。
抗酸化作用があるので、アンチエイジングの効果も期待できますね。

page top